« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

WWBジャパンと第3世界ショップが被災地でおこなっているソーシャルニット・プロジェクトの報告会と販売会

P1260002s P1260005s

1月26日(土)の午後、国府津にある「ちえのわハウス」で行われ、行ってきました。
私たちも「かーちゃんの力」飯舘応援隊で原発事故被害にあった女性たちを支援しているということもあり、いろいろな人の声を共有したいという思いで、でかけました。
ソーシャルニット・プロジェクトというのは、「編み物で、生きがいづくり=仕事づくり」ということで始まったプロジェクト。
東北には、編み物文化がもともとあり、その技術を生かし、避難生活を余儀なくされている女性たちが助け合って、支えあっていけるツール、新たな仕事づくりということではじまり、WWBや第3世界ショップが全国に毛糸の寄付をよびかけて始まりました。
この日は、福島第1原発から近い大熊町で被災され、現在会津若松の仮設住宅でこのプロジェクトを行っている市川さんと小野田さんという方がいらっしゃるということでしたが、折からの大雪で出て来られないというアクシデントがありました。WWBジャパンで実際に現地で事務局をやっている方が概要を説明し、あとは、電話回線をスピーカーにつないでやりとりするとうことで行われました。
原発事故後の混乱の様子などもあらためて耳にし、思いを新たにする機会になりましたし、市川さんたちの現状の日常生活も知ることができました。
「言葉を交わす」とことは重要、支援活動の大きな柱にしていかなければと再発見できた場でした。
ニットのほうは、写真でみての注文になってしまいましたが、また是非「ちえのわ」で企画してほしいと思います。

ひらつか市民活動センターの新春団体交流会に参加しました。

1月25日(金)午後6時から8時までひらつか市民活動センターで開かれました。
参加団体は21団体。それぞれがなごやかになるようにと簡単なゲームや新年の抱負を隣の人にインタビューをしたり、されたりした後、市民活動団体が連携して成果をあげている5つの活動の紹介がありました。
例えば、「みんなのトイレ」情報紙の作成は、他の街や企業からも問い合わせがあるなど評価されている.
「花のあるまちづくり」は駅南口から海までの道路を視野に美しくしていこうととりくんでいる。など紹介され、市民団体の連携が進むことで活動が活性化され、まちづくりの輪がひろがっていることを実感しました。
その後、グループにわかれ、各団体の2013年度計画について情報交換をしましたが、ひらつかエネルギーカフェとしても今後の事業計画を十分議論しなければいけない時期であることを認識。
また、食品の放射能検査について関心をもってくださっている方もいて励まされました。

2013年1月22日 (火)

FMよこはまがやってきた!

Fmyokohama
1月17日午後3時、FMよこはまの生放送をみかんやから行いました。
事前に聞いてはいたものの、どんな様子か初めてのことでわからなかったのですが、3時の放送開始前15分にパーソナリティの穂積ユタカさんという方がたった1人でいきなりやってきて、ではよろしくということでした。
防災をテーマにあちこちの活動を紹介しているということでしたが、私は、エネルギーカフェの活動を聞かれ、問われるままにしゃべり、5分はあっという間でした。
みかんやの前には、リスナーという方々が集まり、びっくり。穂積さんと写真をとったりして一時、にぎやかでした。
みかんやの店内にもお客がいて、突然のことで、どうしらよいのか戸惑っている様子でした。

藤野町(相模原市緑区)で「凍み大根づくり」をやりました。

P1160002s
P1160007s
NPO法人ひらつかエネルギーカフェでは、3・11の福島原発事故後、原発事故の被害にあった人たちの支援活動として「かーちゃんの力」飯舘応援隊というものを1年前(2012年3月)立上げました。
これは、仮設住宅などにバラバラに避難し、これまでのコミュニティを破壊され生きる希望も持てない状況から少しづつでも抜け出そうとがんばっている女性農業者を応援しようというものです。
女性農業者は、原発事故前までは自分で農作物をつくり、それを自前の技術や地域につたわる伝統的な食べ方にしたがって、漬物やお菓子、惣菜などに加工し、販売所の運営もおこなっていました。事故によりその道もたたれ、生きる気力も失うという事体になりましたが、再びお互いの消息を頼りに集まり、加工品の製造、販売の活動を開始しました。今では、新しくお弁当の仕出しなどの事業も始まるなど、新たな生きがいづくり、働き場所として発展してきています。
また、これまでの食文化を伝えていこうということで、飯舘の村民たちが凍みもちづくり、味噌づくりなどを講師として行う「匠塾」という活動もあり、平塚でも講習会をやりました。

P1160010sP1160014s

P1160014s_3
そのような中で、藤野町で有機農業を営む須藤さんと私たちも縁ができ、こちらでできた野菜を使い、福島の食文化を教えてもらいながら、交流していこうという活動も模索されています。
P1160017s
今回1月16日に須藤さんの所にお邪魔し、凍みだいこんづくりを行いました。
14日の雪も解けない状況の中、寒い時期と寒い場所を選び、須藤さんの作った大根を洗ったり、皮をむいたりということで、はじめはどうなることかと思いましたが、やり始めるととても楽しく、やっぱり机上での相談より具体的な活動のほうが、頭の整理もできるということを実感しました。
凍みだいこんづくりをやった場所は、みの石滝キャンプ場でさがみ湖の湖畔からボートでなければいけないところでしたが、すてきな所でした。さぞかし春から秋は自然に囲まれ、清々とするとおもいます。
福島の人たちとこちらの人たちでこのような企画ができるようになればよいなと考えています。

2013年1月13日 (日)

西洋占星術「ホロスコープってなに?」開催のご案内

貸しカフェにて、西洋占星術「ホロスコープってなに?」開催のご案内です。

主催は、鈴音さんになります。お問い合わせ、思いし込み先も鈴音さんまでお願いします。


「ホロスコープってなに?」
ー実は人生に結構役立つ西洋占星術のおはなし
★ー
私は何座!は実は自分とは違う?! 本当の私は、月の星座で見ます。考え方は水星で、恋愛は金星や火星、試練は土星・・・。
実は自分の中に10人のキャラが潜んでいるようなものなのです。
それゆえ、星の動きと私達の動きはいつでもリンクしています。矛盾した自分自身や行動傾向、本質と裏の顔。星の配置に実は私たちの運命の秘密が隠されているとしたら、活用しない手はありません。

生まれた時のチャートを作成し、世界にひとつしかない図から本当のあなたを探ってみましょう~。 占星術、星占いに興味がある方、是非楽しい星のお話を聞きにいらしてくださいね♪ 
参加の方は生年月日・出生時間・出生場所を参加者にチャートを渡し致しますので前日までにお知らせ下さい。


開催予定日


2013年1月27日(日)14:00〜16:00

2013年2月 4日(月)18:00〜20:00

2013年2月28日(木)14:00〜16:00


参加費:2500円(ドリンク付き)


お申し込みは、鈴音さんまでメール又はお電話にてお願いします。

メール sue.0147.sue@gmail.com
  電話 080-5683-6999

(注)4名〜8名での開催となります。4名に満たない場合には中止になる場合がございます。


講 師:鈴音
さん
プロフィール:逗子在住。日本人。宇宙エネルギーメッセンジャー。エネルギーコンサルタント。タロット・ホロスコープコンサルタント。 2006年、クレアボイアンスが開かれる。以後スピリチュアルに目覚め、ありとあらゆるヒーリングを受ける。
何故この様な現象が起るのかを追究するうち に新たな気付きを得、自分を生きることに目覚める。タロット・ホロスコープをツールとして連綿と転生によりDNAに刷り込まれた概念を過去世を確認してい ただきながら取り外し、潜在意識にマトリックスによる波動調整をします。また、ご自身のアカシックレコードにアクセスしていただくことも。宇宙からのメッ セージを伝えます。

2011年7月マトリックス・エナジェティクス レベル1レベル2取得。
2012年1月 レベル3取得。

2011年3月日本メンタルヘルス協会心理学基礎修得。

ホロスコープAuthor:Astro Patchouli氏より師事。

心理学佐藤 詔子氏より師事
。
タロットMichael Patrick Gorman氏より師事。

シーターヒーラー。

エンジェルリーディング。

DEEKSHA GIVER。

カバラ。
数秘術。

みかんや案内図

Img_0105

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »