« 西洋占星術「ホロスコープってなに?」開催のご案内 | トップページ | FMよこはまがやってきた! »

2013年1月22日 (火)

藤野町(相模原市緑区)で「凍み大根づくり」をやりました。

P1160002s
P1160007s
NPO法人ひらつかエネルギーカフェでは、3・11の福島原発事故後、原発事故の被害にあった人たちの支援活動として「かーちゃんの力」飯舘応援隊というものを1年前(2012年3月)立上げました。
これは、仮設住宅などにバラバラに避難し、これまでのコミュニティを破壊され生きる希望も持てない状況から少しづつでも抜け出そうとがんばっている女性農業者を応援しようというものです。
女性農業者は、原発事故前までは自分で農作物をつくり、それを自前の技術や地域につたわる伝統的な食べ方にしたがって、漬物やお菓子、惣菜などに加工し、販売所の運営もおこなっていました。事故によりその道もたたれ、生きる気力も失うという事体になりましたが、再びお互いの消息を頼りに集まり、加工品の製造、販売の活動を開始しました。今では、新しくお弁当の仕出しなどの事業も始まるなど、新たな生きがいづくり、働き場所として発展してきています。
また、これまでの食文化を伝えていこうということで、飯舘の村民たちが凍みもちづくり、味噌づくりなどを講師として行う「匠塾」という活動もあり、平塚でも講習会をやりました。

P1160010sP1160014s

P1160014s_3
そのような中で、藤野町で有機農業を営む須藤さんと私たちも縁ができ、こちらでできた野菜を使い、福島の食文化を教えてもらいながら、交流していこうという活動も模索されています。
P1160017s
今回1月16日に須藤さんの所にお邪魔し、凍みだいこんづくりを行いました。
14日の雪も解けない状況の中、寒い時期と寒い場所を選び、須藤さんの作った大根を洗ったり、皮をむいたりということで、はじめはどうなることかと思いましたが、やり始めるととても楽しく、やっぱり机上での相談より具体的な活動のほうが、頭の整理もできるということを実感しました。
凍みだいこんづくりをやった場所は、みの石滝キャンプ場でさがみ湖の湖畔からボートでなければいけないところでしたが、すてきな所でした。さぞかし春から秋は自然に囲まれ、清々とするとおもいます。
福島の人たちとこちらの人たちでこのような企画ができるようになればよいなと考えています。

« 西洋占星術「ホロスコープってなに?」開催のご案内 | トップページ | FMよこはまがやってきた! »